-新着情報-

●2015/10/02
男性機能障害に関しての情報を更新しました。
●2013/04/24
精神疲労や自己防衛を新規投稿しました。
●2013/04/24
心因性の特徴を新規投稿しました。
●2013/04/24
高血圧と低血圧を新規投稿しました。
●2013/04/24
サイトマップを新規投稿しました。

男性機能障害に関して

過去、男性機能障害である勃起不全は、老化現象が主な原因として考えられていました。
ED(Erectile Dysfunction)と呼ばれるようになって、様々な要因が判明しています。
同時にバイアグラなどの治療薬の認可により、改善できる人も多くなったと言われています。

長年付き合ったカップルや、夫婦間で性のマンネリにより起こる事も多々あります。
しかし、違う異性に対しても、勃起が起こらないという場合は完全型のEDです。
近年は若年化が進み、加齢による原因より、環境によるストレスから引き起こす事が多いのも特徴です。

その中にテクノ依存症や、テクノストレスと呼ばれるものがあります。
これは、パソコン、スマートフォンなどの機器に長く接する事で起こるそうです。
依存度が高くなると、人間とのコミュニケーションではなく、二次元の世界に没頭する事で発症する様です。

逆に、職場のOA化に適応出来ない中高年男性は、そのストレスからなってしまう様です。
性行為に対する意識より、社会的な不安感が高いと長期化すとも考えられています。

専門クリニックでカウンセリングを行うか、バイアグラ 通販などで初期状態で改善する方法で対応は可能とも言われています。

男性機能障害の一種である早漏を直すトレーニング法

男性機能障害という言葉を聞いて、真っ先に思い浮かんだのがEDだという人は多いはず。いわゆる勃起不全と呼ばれるものですが、「早漏」もそのうちの一つに該当します。セックスの最中にすぐに出してしまったら結構恥ずかしいですよね。バカげていると思われるかもしれませんが、早漏を改善するためのトレーニング法だって存在します。

ストップ&スタート法

もっとも有名で効果的だとされているのがこの方法。自慰か、あるいはパートナーに愛撫してもらって、とにかく射精しそうになったら我慢して、快感が収まってからまた愛撫を繰り返すという、原始的でわかりやすいやり方です。続けていくと刺激に慣れ、それが早漏の改善へと繋がっていくのです。

他にも肛門を閉めたり緩めたりすることで鍛えるPC筋法や、手のひらを使って亀頭を愛撫するローリング愛撫法など、調べてみると結構な種類があります。ネーミングの面白さのせいか、どれもふざけているように思いますが、ちゃんとしたトレーニング法として確立されているものばかりです。

およそ三人に一人が早漏に悩んでいるというアメリカの調査があるほど、男にとっては深刻な問題である性機能障害。通院しなくても、家でできる改善法もあるので、まずは気楽に試してみましょう。